旅ブロガー「おかぴー」のブログ

旅行記など執筆している、北海道在住の旅ブロガーです。特に鉄道旅行が好きで、ローカル線や秘境駅は大の好物。
日々の活動は、ブログの執筆や観光サイトでのライター業、一眼カメラによる風景撮影などを行っています。
当ブログにおいては日記や風景写真、ライター業の活動記録などを掲載中。

2016年3月に廃止!過酷なダイヤの石北本線「上白滝駅」

      2016/11/09

上白滝駅の駅前風景

上白滝駅の駅前風景

かなり遅めですが、今回は道東の秘境駅に関する旅行ガイド記事について。
この駅は、ある意味かなり特徴的な駅です。

JR石北本線上白滝駅へ訪れたのは、8月のお盆を過ぎた頃。
ちょうど道東へ家族旅行をしていたこともあって、いい機会だからと立ち寄りました。

この上白滝駅は山間にあり、停車する列車の数が極端に少ない秘境駅
以前から、ぜひ訪れてみたかった場所です。

そして残念ながら、2016年(平成28年)3月に廃止されることになった駅でもあります。



1日のダイヤが上下線共に1本しか停まらない秘境駅

上白滝駅の駅舎内

上白滝駅の駅舎内

この上白滝駅に列車が止まる時刻ですが・・・
2015年10月の時点で、網走方面が7:04、旭川方面が17:08となっています。

そう、上下線合わせても1日にたった2本。
あまりの少なさです。

仮に朝の便でこの駅に降りてしまったら、次に訪れる列車は10時間後。
その時間の長さは、かなり過酷なもの。
まさに、秘境駅にふさわしいダイヤといえるでしょう。

駅の壁に張られた時刻表を見たときは、なんとも不思議な感動を覚えました(笑)

そんなわけで、両行関連の記事ネタとして面白いと思い、これは執筆せねばと思った次第です。
記事の文字数も1900文字以上と、かなり捗りましたね。

鉄道ネタは、本当に面白いです(^o^)

■上白滝駅についての旅行ガイド記事
→ 廃止決定の秘境駅!1日2本しか停車しない北海道「上白滝駅」

駅を廃止する方針が2015年7月に遠軽町へ通知される

上白滝駅の木造駅舎

上白滝駅の木造駅舎

ダイヤの少なさが凄まじい上白滝駅ですが、当然ながら利用者はごく少数。
そのため今年(2015年)の7月、ついに駅を廃止する方針が、JR北海道から遠軽町に通知されました。

駅舎を見てみると、廃止されるだけあって、さすがに時代に取り残された感が満載。
個人的に残ってほしいなあと思う駅ですが、費用対効果を考えるとそうも言ってられなんでしょうね・・・

実益と趣味性の両立は難しいところです。

上白滝駅のホーム(旭川方面)

上白滝駅のホーム(旭川方面)

廃止の話を聞いたとき、最初は信号場として使われるのかなあと思いましたが・・・

上白滝駅の鉄路は単線
反対方向から来た列車とのすれ違いには使えません。
なので、信号場の可能性は無しとなります。

そうなると・・・駅はどうなるんでしょうね。
せめて、駅舎が取り壊されずに残ってくれるといいのですが・・・

ちなみに、今年(2015年)9月に遠軽町が、上白滝駅の存続の要望書を提出した模様。
この駅の周辺に小中学生が住んでいるらしく、駅が廃止されてしまったら、高校進学の際に通学手段がなくなるとのこと。

鉄道ファンとしては、駅の廃止が撤回されることを願うばかりです。

※2016年1月9日追記
その後、存続の要望書に対して特に動きはないようです。
ということは、やはり廃止は免れないんでしょうね・・・

上白滝駅のホーム(網走方面)

上白滝駅のホーム(網走方面)

おわりに

駅の廃止まで残り期間が数か月ということもあって、上白滝駅のガイド記事はすぐ執筆しました。
廃止されてからだと、記事の掲載が不可能になるので・・・

さらに、秋が来る前に書き上げなければいけなかった、というのもあります。
いかんせん、見てわかる通り写真に写っているのはまだ夏の光景です。
そのため、葉の色づきが変わってしまうと季節外れとなるわけでして。

だから執筆当時、実はちょっと焦っていました(笑)
僕はけっこう遅筆なので(^^;

投稿者プロフィール

おかぴー
おかぴーローカル線好きの旅ブロガー
ローカル線好きの元エンジニア。これまで複数の開発現場で働くも、次第に仕事に思い悩んでいく。
日々の業務に疲れていた中、秩父鉄道で三峰口駅を訪れ、その物寂しい風景に心を奪われてしまった・・・
この体験がきっかけで旅好きとなる。

現在は「たびねす」などで、旅行関連の記事の執筆活動をしています。

※旅アカウントはこちら → @hitoritabikisek

 - ライターの活動, 旅の風景

       
       

コメントはこちらから

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Loading Facebook Comments ...

No Trackbacks.

  関連記事

長期旅行で秩父観光!第4回目ー浦山ダムと長瀞観光

秩父観光の4日目は、山奥から盆地エリアへと舞台を移します。 とは言っても、午前中は浦山ダムに行くのですが(笑) 3泊お世話になったゲストハウス錦の管理人さんに、なんと浦山ダムまで送ってもらうことに! 宿泊している間はとてもお世話になりました …

夏だろうと昼間だろうと楽しめちゃう!小樽にある「天狗山」

小樽の天狗山について記事を執筆!今回執筆したのは、夏の昼間の観光について。夜景に頼らない観光を旅行ガイド記事で書きました。 多くの方が御存知の通り、天狗山からの夜景は北海道三大夜景の一つとして数えられます。本来なら、そういった内容を扱うのが …

シンプル過ぎて驚愕の秘境駅。北海道遠軽町にある「生野駅」

2013年の夏に訪れた、JR石北本線の生野駅。ここはそれ以前から、ずっと行きたかった駅でした。 生野駅は、北海道紋別郡遠軽町にある秘境駅です。 2年前の当時、ちょうど近場を通りかかったこともあり、これ幸いと立ち寄ることに。国道242号線から …

紅葉が楽しめる名勝地。原生林にある芦別の「三段滝公園」

北海道芦別市の原生林の中にある三段滝公園。 ここの紅葉は、見頃が10月上旬~中旬という早い時期です。そのため、今回のブログ更新のタイミングではすでに見頃が過ぎています。 紹介が遅くなってしまい恐縮です。 この三段滝公園に関するたびねすの旅行 …

一昨年の夏に訪れた弟子屈町の摩周湖。そこで自然の神秘を目撃

よく霧が出ることで有名な、道東の弟子屈町にある摩周湖。 この湖は、阿寒国立公園において有名な観光スポットです。 2年前は仕事の関係で北見に住んでいたため、日帰りドライブで行くことが出来る場所でした。 なので、休日に気晴らしのため、阿寒国立公 …

【南小樽駅】アートフィルターで撮ってみた

もうちょっと頻繁にカメラを構えなければなあ、と思うついこの頃。 というのも、ここ2~3ヶ月は写真をあまり撮っていませんでした(^^; そんなわけでカメラを持ち出し、南小樽駅にて風景写真を撮影。 せっかくだから、カメラのアートフィルター機能な …

雪景色に灯るキャンドル!冬のイベント「小樽雪あかりの路」

今月は、去年に訪れた「小樽雪あかりの路」について旅行ガイド記事を執筆しました。 スランプ気味の中、なんとか執筆した旅行ガイド記事です。 メンタルが中々良くならない中での作業だったため、けっこう苦労しましたね・・・ 当初は12月中に入稿予定だ …

2016年を迎えての近況

新年を迎えて、早10日以上が経過。 2016年になってからも、これまでと変わらない日々を過ごしております。 冬を迎えてからどうも執筆が遅かったものの・・・ 先日に「たびねす」の旅行ガイド記事を入稿し、無事に公開されました。 やや完璧主義に囚 …

JR日高本線の運休区間「鵡川駅~様似駅」にある大狩部駅

今回も、ブログの方での紹介がだいぶ遅くなりましたが・・・ JR日高本線の「大狩部駅」に関する旅行ガイド記事が、先月に掲載されました。 記事の中でも触れていますが、2015年1月の土砂災害により、鵡川駅~様似駅の区間は列車が運休しております。 …

札幌近郊にも秘境駅あり!JR札沼線の「豊ヶ岡駅」

SNSでは紹介済みの今回の旅行ガイド記事。 仕事が忙しくて、ブログでの紹介が遅くなりました(;´∀`) こちらの旅行ガイド記事を執筆したのは2月でして、隙間時間を見つけてコツコツと書いた次第です。 内容は秘境駅に関するもので、JR札沼線の「 …