旅ブロガー「おかぴー」のブログ

旅行記など執筆している、北海道在住の旅ブロガーです。特に鉄道旅行が好きで、ローカル線や秘境駅は大の好物。
日々の活動は、ブログの執筆や観光サイトでのライター業、一眼カメラによる風景撮影などを行っています。
当ブログにおいては日記や風景写真、ライター業の活動記録などを掲載中。

ライターの活動 旅の風景

北海道屈指の紅葉スポット!定山渓「豊平峡ダム」の記録

投稿日:2015年11月12日 更新日:

豊平峡冷水駐車場

豊平峡冷水駐車場

今年に入稿した最後の紅葉記事は、札幌市の定山渓にある「豊平峡ダム」
見ごろが10月上旬~中旬だったのですが、掲載されたのはなんと10月初め。
かなりギリギリのタイミングでした(汗)

正直なところ、掲載の承認がもらえるか、日中気になって仕方ありませんでした。

当初の予定だと、もっと余裕をもって入稿するつもりだったのですが・・・




予定外の忙しさと旅行ガイド記事の入稿が遅延(汗)

9月は仕事がとても忙しい時期でした。
恐らく、1年の中でもっとも過酷な繁忙期でしたね・・・

そのため執筆時間を確保できず、予定が大幅に遅延
9月末という紅葉シーズン直前に入稿することになってしまいました。

挙句の果てに、記事のサムネイル設定についてミスってしまい、修正依頼をする始末(;´∀`)

この記事はいろんな意味で手こずりましたが・・・
結果的に無事掲載されて良かったですε-(´∀`*)ホッ

今まで書いた旅行ガイド記事の中で、もっとも文章量の多い記事になりましたし(笑)

■豊平峡ダムの紅葉についての旅行ガイド記事
→ 山を彩る紅葉がまさに絶景!北海道・定山渓の「豊平峡ダム」

さて、今回はせっかくなので・・・
豊平峡ダムに行った時のことについて、触れてみようと思います。

豊平峡ダムへ続く「冷水トンネル」と「豊平峡トンネル」

冷水トンネルの中

冷水トンネルの中

豊平峡ダムへ行く際、トンネルを通ることは予想してましたが・・・
路線バスで直接行けないのは予想外でしたね(苦笑)
確か、自然環境の保護が理由だったと思います。

旅行ガイド記事にも書いた通り、「豊平峡冷水駐車場」からハイブリッド電気バスに乗って行くか、または歩いていく必要があります。

トンネルは「冷水トンネル」と「豊平峡トンネル」の2つがあり、その間に橋がかかっているのですが・・・
そこからの眺めが、また格別の風景でした。

トンネルの間にある橋から見た渓谷美

千丈岩と紅葉がすばらしい渓谷美

千丈岩と紅葉がすばらしい渓谷美

目の前に広がる、渓谷の紅葉風景!これはまさに絶景と言えるでしょう。
奥に見える岩峰は、「千丈岩」と呼びます。

水墨画が似合いそうな風景に出会えるとは、思ってもみませんでした。
札幌エリアに、こんな風景があるとは・・・

この時点で、来てよかったと思いました。
ダムに到着する前の段階で、幸先がよかったです(^^)

豊平峡ダムで見られる景観

ダム天端から眺めた豊平峡の紅葉風景

ダム天端から眺めた豊平峡の紅葉風景

ダムの天端から見た豊平峡の景観も見応え抜群。実に雄大です。
V字形の地形に紅葉が色づいている様子は、秋というものをしっかり感じさせてくれました。
10月中旬だと、色付きがちょうどいい具合です。

高所恐怖症の身としては、ダムの天端から景色を眺める際は若干腰が引けましたがw

太陽が上空に輝く定山湖

太陽が上空に輝く定山湖

ダム湖(定山湖)の方も撮影してみました。
ただ、逆光であったため、山の紅葉風景がうまく撮れませんでしたが・・・

朝早くから訪れられたら、太陽の位置が違うので、逆光にならず湖側の風景を撮れると思います。
まあ、そうなると早起きして自家用車で行くしかなくなりますが^^;

豊平峡ダムにおける天盤の景観

豊平峡ダムにおける天盤の景観

豊平峡の上にあるレストハウス「だむみえーる」

レストハウス「だむみえーる」

レストハウス「だむみえーる」

「見晴らし展望台」があるレストハウス「だむみえーる」。ここでは食事をすることも可能で、僕は確か蕎麦を食べたと思います。
見た感じ、いい雰囲気の建物でしたね。

ちなみに、旅行ガイド記事には、ここから撮影した紅葉と定山湖の組み合わせを掲載しました。
時刻が午後3時を過ぎていたため、上に載っている写真と同様で思いっきり逆光になりましたが(苦笑)

本当はここで、ゆったりと過ごしたかったのですが・・・
日もだいぶ落ちてきたため、この後は散策を軽く済ませて帰路につきました。

※旅行ガイド記事には、本ブログ記事とは違った風景写真が載っていますので、ぜひ御覧ください。
→ 山を彩る紅葉がまさに絶景!北海道・定山渓の「豊平峡ダム」

帰りのバスにはご注意を

ちなみにガイド記事最後の段落「おわりに」に書いてある、シャトルバスの運行が終了して豊平峡温泉まで歩く事態ですが・・・

これ、僕の実体験です(汗)

シャトルバスの運行が、ハイブリッド電気バスより早く終わることに、全く気づかず。
ヒグマ遭遇の可能性に恐れおののきながら、山の中を歩きました(;´∀`)

投稿者プロフィール

おかぴー
おかぴーローカル線好きの旅ブロガー
ローカル線好きの元エンジニア。これまで複数の開発現場で働くも、次第に仕事に思い悩んでいく。
日々の業務に疲れていた中、秩父鉄道で三峰口駅を訪れ、その物寂しい風景に心を奪われてしまった・・・
この体験がきっかけで旅好きとなる。

現在は「たびねす」などで、旅行関連の記事を執筆。
あちこち旅しながら、一眼カメラで風景写真を気ままに撮っている。
 
      
      

-ライターの活動, 旅の風景

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

長期旅行で秩父観光!第2回目ー三峯神社の表参道を登る

奥秩父における大滝地区の景観 旅行の計画段階で、Web上で見つけた登山企画「秩父トレイルハイキング」。 せっかくの秩父観光だからと思って参加し、三峯神社の表参道を登っていきました。 企画名は、「いにし …

11月下旬における秩父観光のおまけ写真

長瀞岩畳に立つ人々 先日まで11月下旬の長期旅行について更新してました。 今回は未公開分の写真をブログに掲載。 ほとんどは長瀞ライン下りの船乗り場で撮った写真ですが、最後のは秩父鉄道の荒川橋梁をわたっ …

夏だろうと昼間だろうと楽しめちゃう!小樽にある「天狗山」

ゴンドラが登っていく天狗山ロープウェイ 小樽の天狗山について記事を執筆!今回執筆したのは、夏の昼間の観光について。 夜景に頼らない観光を旅行ガイド記事で書きました。 多くの方が御存知の通り、天狗山から …

長期旅行で秩父観光!第3回目ー奥秩父の山里を求めて

奥秩父の荒川の流れ 秩父観光の3日目は、奥秩父の山里を満喫しました。 まずは「大滝温泉遊湯館」の辺りを散策し、その後に市営バスに乗って「栃本集落」へと向かうといった流れ。 元々、秩父旅行で最も楽しみに …

出張のついでに撮った名古屋の夜

名古屋における夜の交差点 仕事を終えた後の時間は、やはりホッとします(笑) 夕食の調達に名古屋の街を少し歩きましたが、せっかくなので夜の都市風景を撮ってみました。 会社の出張で来ているため、当然ながら …